中断再開について

2000.3.14 久米
2002.1.24 中断局判定制度記述の追補


中断と再開の機構

  1. 中断した対局はすべて保存されます。(ただし自由対局室では保存されない)
  2. 再開は、中断された側からの手番となります。
  3. 再開方法は、同じ相手に挑戦し対局開始すればいいです。
    1. サーバが自動的に中断局があるかどうか判断し、もしあれば再開させる。
    2. このとき、「再開待」状態か「待」状態かは、どちらでもいい。
    3. また、このとき挑戦した持ち時間は無関係で、中断局の持ち時間で再開される。
  4. 中断局の保存期間は約半〜1ヶ月程度残ります。

中断と再開の運用ルール

自分側が中断

  1. もしすぐ再入場できた場合、1分半くらい「再開待」にして待機してくださいますか?
    お相手の方が、ずっと待っておられる場合がありますので。
  2. もし形勢不利、自玉詰み直前などで、中断してしまってすぐ再開できなかった場合、
    掲示板の「対局日誌フォーラム」などに、ひとこと書き込まれることを推奨いたします。
  3. どの相手の方と対局していたかは、再ログインの時、対戦相手表示されますし
    棋譜検索
    で調べることもできます。
     
  4. 5分1分半以内で相手に再度挑戦できなかった場合、2度続けて落ちた場合は、
    中断局判定制度により判定されることもあります。

相手側が中断

  1. その後どうするかは、すべて皆さんの判断におまかせいたします。
  2. もし、私だったら3分から10分くらい「再開待」にして待って、
    相手の方戻ってこられそうもなければ、別の対局をはじめます。
  3. 例えば、中断局判定制度にしたがって対処してください。

再開時の指し手の運用

  1. 再開時の手番は、中断された側から始まりますが
  2. その時、中断時点で指した手と違っていてもかまいません。
  3. 「中断した側が得」ということにはならない、しくみにしてあります。

補足:中断再開のしくみの背景

このしくみには、過去いろいろなご意見を頂いています。

例えば、回線切断した方が負け、もしくはもどられなかったら負け。
という仕様も、よく考えられたすばらしい仕様と思います。

わたしも、この仕様はとても悩みました。夜も寝ないで、七転八倒したあげく、

  1. 切れたら中断局とし、次にその相手と対局する時、自動的に再開する。
  2. ただし、接続断した側ではない方の、手番で再開する。
  3. 双方に、思い出すための時間、1分を持ち時間に追加する。

という仕様にたどりつきました。

ネットワーク対局の場合、切断の問題は、現状ではつきもので、
故意か事故かも、ほんとのところわかりません。
また、わたしのソフトのせいもありますが、間の悪い時に切断は起こるようです。
さらに、すぐ接続して戻ろうにも、20分30分とかかる場合が多々あります。
インターネットおよびPCを含めたシステムが、もっと進化すれば解決法がありそうですが。
おそらく、どの仕様がいいという最善手見つからないのではと。
悩んだ末の仕様であれば、それが最善手ではないかと。思ったりしています。

故意の切断らしきものがあって、プンプンしたら、苦情相談所から
わたしにメールくださいますか?
相手の方に、事情などお聞きしたり・・・、もしかなり悪意があるようであれば、
残念ですが最悪即会員登録削除しています。(;_;)
いまは、こうやってひとつひとつ対応しています。