Java8対応

2014/3/28 席主 久米

2015/6追記:現在は全てJava8対応になっています。

以下は2014/3/28時点の情報 参考として載せておきます。


Java8が2014/3/19にリリースされました。(INTERNET Watchへのリンク)

  1. Java8で、セキュリティポリシーが変更になりました。(最下段参照)
  2. そのため、 Java8では、いままでの将棋道場が動作しません。
     
  3. ゆえに、Java8対応の将棋道場を用意しました(Java7でも動く)。いずれ現在の将棋道場と入れ替えます。
  4. 一般配布の公式サイトはまだJava7ですが、いずれJava8になると思います。

Java8対応のプロンプト表示

  1. Java8対応の道場を開くとき、プロンプト表示が、以前と違い、下図のように変わります。
  2. 将棋道場はいままで通りで、PCや個人情報にはアクセスしていませんが、このように表示だけが変わります。
     
  3. Java8で、セキュリティポリシーが変更になっためです。
  4. 日本将棋連盟は善良な発行者なので、信頼して将棋道場にアクセス下さい。
今までのプロンプト表示
java7


このように変わる

Java8のプロンプト表示

 

参考) Java8でのセキュリティポリシーの変更について

HTTP通信であればSandbox保障するけど、Socket通信ではSandbox保障されなくなりました。
将棋道場はSocket通信を使用していますので、影響をうけます。

意訳すると、次のような感じです。
「Oracle社は保障しませんので、ユーザさんの責任で、発行者を見て信用できるなら、アプリを実行してね。」

このように変更になった背景には、Javaを悪用していろいろ悪戯される方がいらっしゃるため、
Oracle社さんでは、CA認証必要とするなど去年来いろいろ対処したけど、
もうお手上げなので、ユーザさんの責任で対処してほしい。
ということではないかと思います。

追記 もしJava8でのセキュリティポリシー変更がなくなったら、もとの道場に戻します。